イルフォードXP2の値上げはキツイ

2015_5_07フィルムの銘柄がどんどん整理され、既存のフィルムの価格がどんどん上がっていきます。

特に自分にとってキツイのは、モノクロのイルフォードXP2 SUPERの価格上昇です。以前はヨドバシ・ドット・コムで36枚撮りが1本580円(税込)で買えましたが、今日現在、なんと驚きの1290円(税込)!!

2倍を超えたのです。値上げにもほどがある!!

ん~、でもまあ仕方ないですよねえ。。。使う人が限られているんですから。

ちなみにこのフィルムがお気に入りだった理由は、

1.C41現像(いわゆるカラーネガフィルムと同じ現像方法)なので、カラーフィルム現像をしているお店であればどこでもすぐに現像ができること。

2.モノクロフィルムの現像代よりもカラーフィルムの現像代の方が安上がりなこと。

3.絹のような繊細なイメージで写るフィルムで、柔らかいイメージのモノクロ写真になる特徴があったこと。

などです。

それにしても、ランニングコストだけで見てみれば、ネオパン100などの純粋なモノクロフィルムを使って、モノクロ現像をしてもらったほうが安上がりなのではないかと。いや、それよりもモノクロフィルムの自家現像でしょうか。

きっと上手くいかないのが分かっているので、自家現像はやめておこうと思います。富士フイルムの「ダークレス現像」ならOKですが、それもすっかり生産終了です。

結局、そろそろフィルムはやめようかというところまでやって来ました。

ま、とりあえず数十本のフィルムを消化してからどうするか考えることにします。

ああ!もう二度と新しい銘柄のフィルムが出てくることなんてないのでしょうね。

―――――――――――――――――――――――――
NIKON FE+Ai Nikkor 50mm 1.4s with イルフォード XP2 SUPER

こちらの記事もどうぞ

  • 緑モノを撮るならベルビア100緑モノを撮るならベルビア100 富士フイルムのリバーサルフィルム、ベルビア100です。後発のベルビア100Fに比べて、ベルビア100はより派手な発色です。富士フイルムの […]
  • スキャナが欲しいスキャナが欲しい 先日ポートラ160の現像と同時プリントをしてもらったのですが、CD書き込みサービスをやっていないお店だったので、エプソンの複合機で写真を […]
  • オールマイティなリバーサルフィルム、プロビア100Fオールマイティなリバーサルフィルム、プロビア100F 今日は現像上がりで手付かずだったフィルム数十本を整理しました。ほぼネガフィルムなのですが、いくつかリバーサルのプロビア100Fのフィルム […]
  • フィルムは全般的に値上げされていますねフィルムは全般的に値上げされていますね 先日ひさしぶりにフィルムカメラを使いました。 フィルムはイルフォードXP2 […]
  • ポートラ160の作例ポートラ160の作例 先日仕上がってきたポートラ160の作例とちょっと前になりますが、紅葉の頃の作例を少し。 自然な発色で忠実な描写です。デジタルカメラでいうと […]
  • コダックProFotoXLの作例を一挙にコダックProFotoXLの作例を一挙に お気に入りのコダックのカラーネガフィルム、ProFotoXL。当ブログの人気記事BEST10にも最近は常時ランクインしています。 メジャー […]
スポンサーリンク

コメント

  1. yamataka より:

    こんばんは~♪

    かつてはヨドバシやビックのフィルムコーナーは圧倒的な品ぞろえで
    売り場面積も広かったものですが、今や見る影もないですね、寂しい限りです。
    私の知り合いのブロガーさんでフィルム専門で撮られている方がおられますが、
    その方ですら、そろそろフィルムはキツくなってきたとおっしゃっていました。
    今はフィルムとデジタルの両方が楽しめるいい時代だと私も常々言ってきておりましたが、
    確実にフィルムの領域が狭められているのだなあと感じます。

    それでも、フィルムは楽しいので細々とでも続けていきたいとは思っているんですけどね~(^^;

    • raisuke@管理人 より:

      >yamatakaさん

      こんにちは!

      ヨドバシはフィルム売り場が充実していましたね。他の店にはない品揃えでワクワクしながら見たのを覚えています。
      最近は行っていないのですが、やはり見る影ないんですね?

      自分はフィルムの調達といえば、ヨドバシ・ドット・コムだったのですが、もうどんどん縮小と値上げが目立ちます。

      いよいよ、Xデーが近づいているんでしょうか。
      当ブログへは、フィルムカメラの記事を求めてお越しになる方がまだまだ多いのですが、それも限られた方ということなんでしょうかね。

      我が家の防湿庫で眠るフィルムカメラは本当に永遠の眠りにつくのでしょうか。