情報カードは5×3サイズが一番使いやすい

あまりにも写真を撮る機会が少なくなり、またフィルムの廃盤がどんどん進む中、当ブログの記事もなかなか更新できない状態が続いています。

とりあえずブログの内容についてカメラの話題だけではなく、もう少し幅を広げてみてはどうかと思いました。

歴史関係の写真のUPをしていくことは以前書きましたが、その他にも色々と自分の関心のあることを少しずつ記事に取り入れていこうと思います。

いや、そうしないといつまでも更新が出来なさそうです。

ということで、今回は情報カードを買ったお話です。

2015_7_01このデジタル時代に情報カードを使っています。
目的は色々です。このブログを含め、何かネタを思いついた時に書き込む、タスクを忘れないうちに記録しておく、思考をまとめる時にとりあえず書き出す、などです。

ノートなども使って記録しますが、情報カードのいい所はサッと取り出せてすぐに書き込めるスピードの早さ。100円ショップによくあるメモ帳(A7サイズ)などもすぐに書き込むには良いツールなんですが、あれだとサイズが小さいのです。まあ、この辺りは完全に好みなので、メモ帳を否定しているわけではありません。

さて、情報カードには名刺サイズ、5×3サイズ、B7サイズなど色々なサイズがあります。
B7は書き込める量は多くなりますが、その分サイズも大きくなるので持ち運びには不便。
名刺サイズになると胸ポケットにスッと入りますが、今度は書くスペースが狭すぎる。
ということで、その間をとって、5×3のサイズがちょうど使いやすいと感じます。

まあ、これも単に好みの問題ですけれど。

アナログツールは情報カードとノート類、デジタルツールはWorkflowyとEvernoteでデータ、アイディア管理をしています。あとこれにネットの記事などをとりあえず保存しておき、後でゆっくり読むためのデジタルツール「Pocket」を加えれば情報の管理はほぼ網羅します。

―――――――――――――――――――――――――
Panasonic GF2+LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする