PM1の良さを再認識している今日このごろ

2015_7_03台風一過で、暑さが一段と本格化してきましたね。

ところで最近、カメラ関係で少し変化が。
それは、遠のいていたオリンパスのPM1+パナソニックの20mmの組み合わせをまた使うようになったことです。
先日、久しぶりに何気なく使ってみたのですが「この組み合せ、やっぱりいいよなあ」と再認識したというわけです。

もともとオリンパスのコクのある色合いがこのレンズの解像度とマッチしているように感じて気に入っていたのです。

GX1やGF5などのパナ機はややあっさりとした色合いになる印象があるので、パナとオリで使い分けができます。もちろんパナ機でもRAW→現像をすればどうにでもできるのですが。

ただPM1で唯一気になるところは、タッチパネルではないところ。つまりフォーカスポイントをタッチでポンと決められないところです。自分にとってタッチフォーカスは子供が被写体の時には必須なんですよね。

でも久しぶりにPM1のよさを再認識したところですので、もうしばらく昔を懐かしんで(?)楽しみたいと思います。

ちなみに上の画像はGX1と20mm1.7で、本文とは関係ありません。

―――――――――――――――――――――――――
Panasonic GX1+LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする