ニコンD40というカメラ

ニコンD40という、随分前の世代のカメラを今も使っています。

D80という中級機も良く使っていましたが、今はすっかり出番がなくなり、防湿庫の主になっています。

でもD40は稼働率高いです。

D40を未だ現役として使っているのは、撮像素子がCCDセンサーでクリアなイメージがあるからです。

一昔前では、CMOSとCCDでは、その描写に違いがあると言われ、CCDでのほうが、キリッとした写りになるとされていました。

最近の技術では、CMOSの弱点は克服され、CMOSセンサーのメリットを享受できるようになっています。それにともなって、CCDを搭載したカメラが今後出て来ることはないでしょう。

 

自分は「何となくの感覚」ですが、CCDの描写が好きで、この時期のD40をはじめ、パナソニックのLX3を良く使いました。特にLX3のモノクロ描写は、CCDのならではというか、クリア感に優れ、コンパクトカメラとは思えないような写りで、とてもお気に入りのカメラでした。

 

ところで最近、D40でごくたまに発生する現象があります。それは撮影画像が真っ暗になる現象です。

撮影した後のプレビュー画面でも、再生画像でも、ほとんど判別ができないほど、真っ暗になってしまいます。

で、次のカットでは、普通に戻ります。

こういった状況が100枚に1枚程度起こります。

もちろん、露出不足といった設定ミスで起こっているのではなく、あきらかに異常なレベルでの暗さです。

何となく、故障しはじめている予感…。

ああ、いよいよD40ともお別れの時が近づいているのかなあと、少ししんみりしてしまいます。

―――――――――――――――――――――――――

NIKON D40+AF-S Nikkor 16-85mm F3.5-5.6G ED VR

―――――――――――――――――――――――――

今買うなら、このモデル。標準ズームレンズのAF-P 18-55 VRはセットレンズにしては、なかなかの描写だと言われます。

18-55のレンズだと背景をぼかした写真が撮れないので、単焦点レンズも一つ持っておくと便利です(背景をぼかした写真が撮れます)。特にお子さんの写真を撮る時に重宝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。