【初心者向け】マクロレンズで赤ちゃんを撮ろう!ニコン40mm2.8Gはお手軽マクロレンズ

お手軽マクロレンズといえばコレ!ニコン40MM2.8G

まだまだ現役の、ニコンD40にほぼつけっぱなしになっているのが、ニコンのお手軽マクロレンズ、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gです。

現在、3万円前半で購入できるこのレンズは、デジ一初心者の方にオススメできるマクロレンズです。

以前もレンズ紹介の記事でこのレンズについて書いています。

手持ちレンズ紹介(1)AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G

コンパクトなので、D5000シリーズやD3000シリーズのカメラにピッタリのサイズ感だと思います。

マクロレンズで赤ちゃんを撮る!

上のリンク記事でも、35MM1.8Gとの使い分けをどうするのか、ということについて書いていますが、赤ちゃんを撮るなら、断然こちらをオススメします。

赤ちゃんを撮影するときに、まつげや手、指、耳など、体の一部分をクローズアップして撮ってみるのもよいですね。

そんな時は、マクロレンズが活躍します。

最近は、インスタグラムやSNSでの写真において、くっきりとした写りの写真、コントラストが高めの写真が好まれる傾向にあるかもしれませんが、赤ちゃんは、ふわっと感(抽象的ですが(笑))を出して撮ると赤ちゃんの柔らかさが出ます。

だから、マクロレンズでパーツを大きく、そしてふわっと撮る。

このレンズなら、納得の絵が撮れると思います。


※赤ちゃんの頃の我が息子です(^^) ニコンD40+AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

そして、ファインダー越しに見る我が子。

これこそ、子育てしていることを実感できる瞬間です。

 

赤ちゃんが生まれる予定の方で、カメラやレンズを探している方は、このレンズも検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。