イルフォードXP2super400


先日初めて使ったイルフォードXP2super400の現像があがってきました。このフィルムはモノクロですが、カラー現像処理(Cー41処理)ができるなんとも利便性のよいフィルムです。通常モノクロフィルムは現像仕上がりに何日かかかりますが、このフィルムは早ければカラーネガと同じで30分から1時間であがってきます。

LX3のモノクロモードで撮ったものと比較してみます。


FG-20+Ai AF Nikkor 35mm F2D with ILFORD XP2super400


LUMIX DMC-LX3

普通のモノクロフィルムと少し味付けが違い、粒状感は少なく滑らかさがあります。彩度も比較的低く、好みが分かれるところでしょうか。今回はコダックのロイヤルペーパーでプリントしてもらったのですが、印画紙が変わればまた違ってくるのでしょう。アップしている画像はプリントと同時にネガからデジタル化をしてもらった画像になります。ISO400というところも汎用性があってgoodです。ちなみにフィルムは薄紫色です。孤高の感たっぷり。


年末年始で使おうと5本ほど用意していましたが、体調不良続きで結局1本も消費できませんでした。というより装填もできませんでした。利便性がよいので今後もモノクロはこのフィルムを多用することになりそうです。

―――――――――――――――――――――――――
FG-20+Ai AF Nikkor 35mm F2D with ILFORD XP2super400

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする

『イルフォードXP2super400』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2011/01/15(土) 21:03:10 ID:bc392fbd1 返信

    こんばんは。

    ちょっと、ツルンとした感じですよね。

    フィルムケースの色は、今でもブラック&オレンジでしょうか。

    このケースが欲しくて、フィルム買ったような気がします。(笑)

  2. 名前:raisuke@管理人 投稿日:2011/01/17(月) 03:13:49 ID:9b6520209 返信

    >ゆたかさん

    こんばんは。

    おっしゃるとおり滑らかな感じです。
    自分は結構好きです。

    フィルムケースは全部黒だったと思いますよ。
    ブラック&オレンジとはまた独特だったんですね。