ミノックス DCC Leica M3(5.0)


ミノックス DCC Leica M3(5.0)です。デジタルカメラです。
もともとミノックスという会社はスパイカメラなどミニサイズのカメラを専門としていて、このカメラも手乗りサイズです。

トイカメラのデジタル版とでも表現すればいいのでしょうか。有効画素数500万画素(CMOSセンサーは3.2メガ)をうたっていますが、画質に期待してはいけません^^
さらにホワイトバランスなどの設定も手間がかかり、操作部も小さく、シャッターボタンですら押しにくいです。電源を切るときもメニューから電源OFFを選択してから切るという手間の掛かる設定です。最近のコンパクトデジカメでは当たり前ともいえる機能、例えば手ぶれ補正、顔認識機能なども当然ついていません。外観はライカM3のレプリカで、シャッター巻き上げレバーやセルフタイマーレバーを動かすこともできます。動かせるだけで機能はありませんが。

作例はこちらのPhoto Galleryにあります。
画像はJPGのみでRAWでの記録はできません。リチウムイオン電池の充電はUSBケーブルで、メディアはSD(4Gまで対応)です。

この手のカメラはメインカメラとしてやサブカメラとして使うのではなく、彩度の低い画像を写す、デジタルトイカメラとして使う割り切りが必要です。ですが、情景によっては雰囲気のある写真が撮れることも事実で、使いこなすほどに面白さが増してくる、渋い存在のカメラではないかと思います。さらにぐにゃり写真が撮れるのも特徴の一つです。ぐにゃり写真とは、シャッターを切っている間にカメラを被写体からずらすように動かすと、被写体がぐにゃりと曲がって写る写真のことです。これは動かすタイミングによって、ぐにゃりに違いがでるので、そのあたりも奥が深いといえます。


ぐにゃり写真例。動かすタイミングを変えることで、ぐにゃりに変化をつけることができるようです。


コンパクトカメラのLUMIX DMC-LX3と比べてもこのサイズの違いです。


ニコンのF3やFEと比べると大人と子どものようです。


LUMIX DMC-LX3のサンドブラスト機能を使って、銀塩カメラっぽく見えるように写してみました。オブジェとしてもなかなかのカメラです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする