NIKON COOLPIX L21

娘が最近撮られることより撮る方に関心がでてきたのか、自分がLX3で撮っていると、横取りされるようになりました。LX3はストラップもつけていないため、大枚はたいて購入したものを万が一落とされでもしたら、毎晩枕を涙でぬらすことになります。そうなったらたまらん、ということでここは娘専用のカメラを導入することにしました。早いうちにカメラに慣れさせておけば、将来大成して左団扇でウハウハかもしれませんし^^
まあ、それはそれとして飽きたら自分が通勤鞄に入れておけるカメラとして使おうということで。

で、どのモデルにするかですが、選択条件としては、
1.できるだけ安価でありながら、それなりの写りのするもの。
2.バッテリーはeneloopの使用できる単3もしくは単4仕様のもの。
3.軽量なもの。
4.できれば光学手ぶれ補正機能のついたもの。

1~4の条件で探せば、数機種候補があがったのですが、そして最後に、というより今回の選択の一番の条件は娘の言う「ピンク色のやつ」でした。ピンク最優先で考えると、うーむ、ほとんど候補がなくなります。自分が使うにしてもおっさんにピンク、は不似合いすぎるやろと思い、娘に黒とかかっこいいいよ、というも「ピンク!」とのこと。


ということで、ピンクで安価で、電池仕様モデルを優先して考えた結果、ニコンのCOOLPIX L21になりました。価格との関係で光学手ぶれ補正は見送りました。送料込みのネットショップで6千円ちょっとでした。届いてみるとなかなか落ち着いたピンク色でした。
スペック的には、有効画素数800万画素、(35mm換算で)41-145mm、F値3.1~6.7、単3電池2本。メディアはSDもしくはSDHC、手ぶれ補正はないが、顔認識はあり、といったところです。

作例を以下に。


↑最後の写真は娘(3歳)の力作です(^-^ )
すべてオート(全自動モード)で撮っています。料理や人物、風景などの選択もできるようですが、この手のカメラは全自動こそ本領が発揮されるべきだと思っていますので、作例では設定を変えていません。晴れた日の屋外でシャッター速度も稼げるので、特に手ぶれ補正機能も必要なさそうです。


一応液晶画面には保護フィルムを貼り、電池はeneloopを装填、ソフトカメラケースもネックストラップもすべてピンクになりました。娘が興味を示さなくなったとき、とても持ち運びや使うのに抵抗があるカメラ一式となりました(-_-;)

―――――――――――――――――――――――――
NIKON COOLPIX L21

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする

『NIKON COOLPIX L21』へのコメント

  1. 名前:ゆたか 投稿日:2011/06/19(日) 12:55:50 ID:b1e3e52c4 返信

    こんにちは。

    ご無沙汰いたしました。

    さすが、ニコンですね。

    普通は、3才のお嬢さんにはカメラを預けないのが普通ですが、

    みんな同じですね。(笑)

  2. 名前:raisuke@管理人 投稿日:2011/06/19(日) 21:36:15 ID:15118b32b 返信

    >ゆたかさん

    こんばんは。こちらこそご無沙汰をしております。
    ご訪問、コメントありがとうございます。

    普通は預けませんよね(^-^ )
    やはりゆたかさんも??^^

    ほとんど失敗(特にブレ)作品ですが、たまに娘の目の高さからの写真に「おっ」と新たな発見があったりします。