コダックProFoto XLの作例

初めて使ったコダックProFoto XLですが、現像から戻って来ました。
ということで早速作例を。ネガからデジタル化してもらったものをリサイズのみしています。


廉価フィルムですが、日常使いに問題なさそうです。マゼンダよりのCENTURIAに比べて特に色に特徴があるわけでもなさそうです。ネット上では同じくコダックの「ポートラに似ている」という評判も見ましたが、なるほど確かにクセの強くない、これといった特徴のない、中庸なフィルムのようです。
あとは好みの問題なのですが、自分としては十分常用フィルムとして使えそうです。

あと、このフィルム表記が【135-36+】となっています。36枚から数枚撮れますという意味なんですが、今回使った2本はそれぞれ38枚と39枚撮れていました。ちょっとしたお得感のあるフィルムです。

―――――――――――――――――――――――――
NIKON FG+NOKTON 58mm F1.4 SLII with コダックProFoto XL

こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

コメント

  1. yamataka より:

    こんにちは~♪

    どれもいいスナップですね!
    特に公衆電話と倒れた赤いゴミ箱のカットが好きです。
    確かにクセのない、すっきりとした色だと思います。
    個人的には好きな色だなあと思いました^^
    これだけ綺麗に撮れたら十分ですよ♪

    しかも若干枚数、お得なんですね(笑)

  2. raisuke@管理人 より:

    >yamatakaさん

    こんばんは!

    ありがとうございますm(__)m
    公衆電話、見かけなくなりましたよね~。
    北条鉄道の無人駅で撮り放題でした(^^)

    ProFotoXL、クセが無いですよね。若干イエローが強いかなと思いますが、1本160円くらいのフィルムとしては十分使えるフィルムだと思います。

    枚数は、そうです。若干お得です。自分はこういうお得感にものすごく敏感なんです(^-^ )

  3. INa より:

    コダックProFoto XL イイですね。
    PORTRA と Kodak GOLD の間ぐらい?
    なんとなく PORTRAよりな感じですネ^^

  4. raisuke@管理人 より:

    >INaさん

    こんばんは。

    ProFoto、結構いけてますよね~。
    そうですね、ポートラに近いですね。
    ポートラをややあっさりさせたような感じでしょうか。このお得フィルム、できればこれからも継続販売してほしいです。