一升枡


一升枡もアートフィルターでフォトジェニックなオブジェに変身(^^)

OLYMPUSのアートフィルター、「ドラマチックトーン」でRAWファイルを現像してみました。
E-PM1は撮影時には6種類しかアートフィルターがありませんが、カメラに付属のRAW現像ソフト「OLYMPUS Viewer2」ではRAW現像の際に11種類のアートフィルターで仕上げることができるようです。色々なフィルター効果で遊んでみたい時はRAWで撮影しておき、現像時にモニターで確認しながら好きな効果で仕上げるといいですね。

―――――――――――――――――――――――――
OLYMPUS E-PM1+LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. (ドラマチックトーン仕上げ)

こちらの記事もどうぞ

  • 標準が一番なのかも標準が一番なのかも 広角に比べると、主題を切り取りやすい中望遠レンズは案外扱いやすいのでしょうか。 でも主題が強すぎると画面全体で説明できないことも多々。と […]
  • 北条鉄道 法華口駅北条鉄道 法華口駅 無人でノスタルジックな駅舎が多い北条鉄道(兵庫県加西市)。 北条鉄道の駅のうち、特にフォトジェニックだと思うのがこの「法華口駅」です […]
  • 蔓牛、待ちます蔓牛、待ちます 焼肉は、運ばれてくるのを待っている時が一番楽しいのです。 ――――――――――――――――――――――――― OLYMPUS E […]
  • こんな組み合わせは嫌だこんな組み合わせは嫌だ 「オススメ」通りにランチとデザートを組み合わせると、かやくご飯付きのカレーうどんを食べた後に、甘酒を飲みながらケーキセットを食べるという […]
  • 久しぶりにE-PM1とOLYMPUS Viewer2の話題久しぶりにE-PM1とOLYMPUS Viewer2の話題 この週末、あまりカメラを持ち出せていません。 現像待ちのRAWファイルを整理しながらふと思ったのは、そういえば最近PM1を持ち出していな […]
  • OLYMPUSのアートフィルターを比較してみましたOLYMPUSのアートフィルターを比較してみました 同じ被写体でOLYMPUSのアートフィルターの比較を。 […]