OLYMPUSのアートフィルターを比較してみました

同じ被写体でOLYMPUSのアートフィルターの比較を。
フィルターの種類によっては、被写体を選ぶということもあると思いますが、それはそれとして作例を載せてみます。
なお、ジオラマモードというのもありますが、俯瞰写真でないと効果が分かりにくいため、ここでは省略しています。

2012_9_44

2012_9_45

■ノーマル ■ドラマチックトーン

 

2012_9_46

2012_9_47

■トイフォト ■デイドリーム

 

2012_9_48

2012_9_49

■ジェントルセピア ■クロスプロセス

 

2012_9_50

2012_9_51

■リーニュクレール ■ライトトーン

 

2012_9_52

2012_9_53

■ポップアート ■ファンタジックフォーカス

 

カメラ女子にはライトトーンやデイドリームが、はやりのハイキー写真のようで好まれるかもしれませんね。
ドラマチックトーンは風景写真では雰囲気のいい写真に仕上がりますが、こういう被写体はイマイチのようです。
どの被写体にどのフィルターが合うか、を考えながら撮影するのも楽しいものですね。

―――――――――――――――――――――――――
OLYMPUS E-PM1+LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。