OLYMPUSのアートフィルターを比較してみました

同じ被写体でOLYMPUSのアートフィルターの比較を。
フィルターの種類によっては、被写体を選ぶということもあると思いますが、それはそれとして作例を載せてみます。
なお、ジオラマモードというのもありますが、俯瞰写真でないと効果が分かりにくいため、ここでは省略しています。

2012_9_44

2012_9_45

■ノーマル ■ドラマチックトーン

 

2012_9_46

2012_9_47

■トイフォト ■デイドリーム

 

2012_9_48

2012_9_49

■ジェントルセピア ■クロスプロセス

 

2012_9_50

2012_9_51

■リーニュクレール ■ライトトーン

 

2012_9_52

2012_9_53

■ポップアート ■ファンタジックフォーカス

 

カメラ女子にはライトトーンやデイドリームが、はやりのハイキー写真のようで好まれるかもしれませんね。
ドラマチックトーンは風景写真では雰囲気のいい写真に仕上がりますが、こういう被写体はイマイチのようです。
どの被写体にどのフィルターが合うか、を考えながら撮影するのも楽しいものですね。

―――――――――――――――――――――――――
OLYMPUS E-PM1+LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

こちらの記事もどうぞ

  • コントラストコントラスト モノクロ写真というのは、色という情報がない分、撮り手の個性が現れやすいですね。そして白と黒で構成される中で個性を出そうとすると、コントラス […]
  • ファインダーが必要な理由ファインダーが必要な理由 デジイチと呼ばれるカメラがメイン機材の時期を経て、今はマイクロフォーサーズ機が自分にとってのメインカメラです。デジイチが出始めた当初、フィ […]
  • こんな組み合わせは嫌だこんな組み合わせは嫌だ 「オススメ」通りにランチとデザートを組み合わせると、かやくご飯付きのカレーうどんを食べた後に、甘酒を飲みながらケーキセットを食べるという […]
  • 一升枡一升枡 一升枡もアートフィルターでフォトジェニックなオブジェに変身(^^) OLYMPUSのアートフィルター、「ドラマチックトーン」でRAWフ […]
  • 標準が一番なのかも標準が一番なのかも 広角に比べると、主題を切り取りやすい中望遠レンズは案外扱いやすいのでしょうか。 でも主題が強すぎると画面全体で説明できないことも多々。と […]
  • シルバーの組み合わせが格好いい!GX1と45MM1.8シルバーの組み合わせが格好いい!GX1と45MM1.8 たいていの銀塩カメラでは、シルバーモデル(白モデル)とブラックモデルが存在していました。デジタル一眼レフカメラが時代の主流になってからは、 […]