Lightroom4の指南書、「はじめてのデジカメRAW現像」


届きました。フルページカラーで見た目も綺麗。見開き2ページに1セクションで解説されていて、必要なところだけを後で確認することもできるようです。「RAW現像時はお手元に一冊」といったところです。
こういう関連本は始めてなのですが、このLightroomシリーズの解説書はこれしかないようで、強制的にこれになりますが、まずまず読みやすそうです。「はじめての」と書いている通り、上級者の方には物足りないでしょうが、自分には分かりやすくてよさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする

『Lightroom4の指南書、「はじめてのデジカメRAW現像」』へのコメント

  1. 名前:ゆたか 投稿日:2012/10/08(月) 10:21:19 ID:e6a33a662 返信

    おはようございます。

    届きましたね。これで、鬼に金棒です(笑)。

    私は、PC・ソフトウェア関係やカメラ関係までマニュアル本好きですぐに頼ります。

    実際、無駄な時間を使わなくて済みますよね。

  2. 名前:raisuke@管理人 投稿日:2012/10/08(月) 19:13:18 ID:633f3c81c 返信

    >ゆたかさん

    こんばんは!

    はい、これで鬼に金棒です(^^)

    Lightroomは直感的に使えそうですが、やはり解説書があったほうが、知らなかった機能も使いこなせるので購入してよかったと思います。

    まだ十分に読めていませんが、これはきっと良い参考書になりそうです。モニタの横にこの本を常備しておきます。