温故知新


フィルムカメラは撮影するまでに色々と段取りがあります。デジタルではササッと変えられるISO感度もフィルムの場合どの感度のフィルムを使うかを考えないといけませんし、一旦装填すると基本的にはそのISO感度で撮らないといけません。シャッターチャージも自分で行い、そしてフォーカスも自分で合わせないといけません。撮り終わったら、イチイチフィルムを巻き上げないといけませんし、さらに現像に出して、仕上がりを待たないといけません、というように、写真を撮る準備から見るまでにものすごく多くの段階があります。

フィルムの巻き上げを自動でしてくれるワインダーなど、速写性や利便性を向上させるものもありました。
その便利なワンダーもデジタルカメラでは存在理由が全くなくなります。とにかくシャッターを押し続けていれば、自動で連写してくれるわけですから。
フォーカスもオート、ISO感度も自動モードにしておけば勝手に適切な感度に自動で調整、オートかプログラムモードにしておけばシャッター速度や絞り値も自動でカメラが調節して撮ってくれます。
「手間」ということで考えると、フィルムカメラとデジタルカメラは対局です。というより、フィルムカメラの進化は「できるだけ手間を減らす」ことがその一番の目的だったと思います。
どれだけ人の手を使わずに写真を撮ることができるか、ということが大命題だったのでしょう。

手間を減らすという意味においては、もうデジタルカメラは機能的に限界に近づいているようで、デザインや画素数、フィルター効果などその他の付加価値でしか機能更新ができない状況になっているように思います。
そういう意味では、フィルムカメラ時代からのカメラの進化の目的は概ね達成されたといえます。

では次のステップは?ということになりますが、両方楽しむということに主眼を置いていくことがいいのではないかと思います。例えばオリンパスのOM-Dや富士フイルムのX10やXPro1のようにデサインを往年のカメラを彷彿させるものが新鮮さもあって注目されているようです。
また今フィルムカメラを使う理由として、「手間がかかることを楽しむ」という方もおられることと思います。船旅が好きというのと同じ理由でしょうかね。

ちなみに自分がフィルムカメラを使っている一番の理由は、記録として確実に残せるため、です。デジタルはデータが飛んだら沢山の思い出も、「ハイサヨウナラ」ですからね。

利便性の高い、また手間のかからないデジタルカメラと手間のかかる分、自分で操っている喜びを感じることのできるフィルムカメラ。
画像を簡単に整理できて、場所も取らないデジタル写真と(形として)確実に思い出を保存することのできるアナログ写真。
どちらも楽しむことのできる今は、カメラ好き写真好きの人にとって、とても恵まれた環境にあるように思います。
どちらもずっと楽しむことができるように、そのためにもフィルムの灯が消えないようにと願うばかりです。
フィルムカメラを楽しむ人が少しでも増えて欲しいという願いを込めて、このブログでも微力ながらフィルムカメラの楽しさをこれからもお伝えしていきたいと思っています。

―――――――――――――――――――――――――
OLYMPUS E-PM1+LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする