写真を残すこと

更新が1ヶ月以上滞ってしまいました。
半月ちょっと前に身内に不幸があり、ブログ更新ができずのままでした。

一時このままブログを閉鎖しようかとも考えましたが、思いとどまりました(^^ゞ
また今日から再開します。

そうそう、以前から思っていたことを今日を機会に書き留めておきます。
写真を撮ることは単に「記録」ではなく、自分が生きた「証」だと思っています。
自分がフィルム写真にこだわるのは、形として残すことができるからです。
次の時代を担う娘たちに何を伝えることができるのだろうかと考えた時、それは自分の「想い」ではないかと思います。
家族の写真を撮り、それを残すことはその具体化だと思うのです。
これからも「写真を残すことは自分が生きた証であり、それは家族を愛した証なのだ」と思いながら、フィルムに記録していこうと思います。
いつか自分がいなくなっても、家族が写真を見て想いを感じてもらえたらそれだけで十分です。

このブログでも「形に残る」、「想いの残せる」フィルム写真の楽しさも記事にしていきたいと思っています。
フィルム写真至上主義ではないので、デジタル写真も併用しながら。。。(^^)

休止していた間も沢山の方にご訪問いただきました。ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

4 Comments

ゆたか

こんにちは。

お身内のご不孝でしたか。心中お察し申し上げます。

私も、仕事が変わったり、引越やらでバタバタ続きでした。

でも、そんなときに家族や身内の有難さが身に染みて

人は一人で生きているのではないのだと、改めて考えました。

新天地でも、多くの方に親切にして頂き感謝をしています。

そんことで、写真を撮るには申し分ない環境です。

今後も、心に残る素晴らしい写真を楽しみにしています。

返信する
yamataka

こんにちは。

しばらく更新されていなかったので、心配しておりました。
お身内の方にご不幸があられたとのこと、心中お察し申し上げます。

写真に対するraisukeさんの「想い」、最近、圧倒的に家族写真を撮ることの多い私にとっても身に沁みるお言葉です。
私自身も、家族を愛してきた証を1枚でも多く残していきたいと思います。

返信する
raisuke@管理人

>ゆたかさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。
お気遣い感謝します。

自分も経験ありますが、新天地で一人の生活はご苦労が多いこととお察しします。
それでもまた写真を撮っていこうというゆたかさんの思いにとても感銘を受けました。

>今後も、心に残る素晴らしい写真を楽しみにしています。
ありがとうございます。知識も技術もなくこれまである意味適当に撮ってきたのですが、これを機に少し自分らしい写真というものを考えながら撮ってみたいと思います。

コメントくださりありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

返信する
raisuke@管理人

>yamatakaさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。
お気遣い感謝します。

ご心配をおかけし申し訳ありませんでした。
ブログ更新休止のお知らせをすればよかったんですが、気持ちの整理に時間がかかったのでそのままとなってしまいました。

自分は家族の写真を撮ることが大半なのですが、
今回の出来事はその意味を考えるいい機会になったと思っています。

yamatakaさんの撮られるご家族の写真は愛情が溢れていて、いつも刺激を受けています。自分もこんな風に撮りたいなと思っているんです。

コメントいただきありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。