最近持ち出すフィルムカメラはコレ


ちょっと週末に近場(といっても車で1時間半ほどかかりますが)へ小旅行に行ってきました。
久しぶりにデジタルとフィルムカメラの両方を持ちだしましたが、やはり乳児を抱えての旅行でデジイチ(一眼レフ)はちょっとキツイです。
ということで、デジタルはGX1、フィルムはX-700(フィルムはポートラ160)を選択しました。それとビデオカメラ代わりにGF5。この構成ならコンパクトで機動性抜群です。
GX1には単焦点の20mm1.7を、GF5には電動ズームレンズです。X-700にも単焦点の50mm1.4を。

それにしても最近フィルムカメラを持ち出すといえば、このX-700ばかりです。その理由を考えてみると、
1.比較的軽量で、コンパクトだから。
2.スクリーンが明るくて見やすいので、ピント合わせが楽だから。
3.横走り布幕シャッターの巻き上げの感触が好みだから。
4.NIKONでもCANONでもない、MINOLTAという孤高の感。
こんなところです。

特にシャッターの巻き上げ感覚がたまりません。シャッター音はやや大きな音ですが、巻き上げ時の「ジッ~」という音は「フィルムカメラで撮っている感」がイイのです。
そんなこんなで大活躍のミノルタX-700、何より中古価格が安いので、その点でも使いやすいということもありますね。
フィルムカメラを始めるなら、X-700はかなりオススメモデルですよ。

―――――――――――――――――――――――――
Panasonic DMC-GF5+LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.

こちらの記事もどうぞ