持ち出さない、という選択


先日娘の通う保育所で発表会がありました。
屋内での行事なので、問題が。望遠レンズで狙うには明るさが全く足りないのですね。
以前同じような状況でフィルムカメラのニコンU2に50mmF1.4GにフィルムはISO感度1600のナチュラを装填していったことがあるのですが、このときも被写体ブレが盛大に。後ろから狙う場合、ズームレンズになるので絞り解放値がF5.6とかになります。そうなるとISO3200や6400でも被写体ブレは避けられそうにないです。
ということで、選んだ方法は「カメラは持ち出さない」。

うーん、シンプルでいいなあ(^^♪

しっかり自分の目で娘の演技を見ましたが、これはこれでイイですね。
何となく、「記録」と「記憶」の違いに気がつきました。
新たな発見のあった一日でした。

―――――――――――――――――――――――――
OLYMPUS PM1+M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

こちらの記事もどうぞ