スマホの露出計アプリ

2014_3_02
フィルムカメラで露出計がついていないモデル、あるいは電池が切れていて露出計が動かない場合、経験的に「だいたいこのくらい」という判断で露出を決めることができればいいのですが、それが難しい場合、スマホの露出計アプリが便利です。
自分は「簡易反射光露出計」(Android専用)を使っています。

2014_03_03

2014_3_04
これはスマホのカメラを利用して測光し、予め設定したISO感度に合わせて絞り値とシャッター速度を表示してくれます。
被写体にカメラを向けて、「計測」をタップすれば、自動的に設定値を表示してくれます。絞り値とシャッター速度の組み合わせは音量ボタンを押すことで変化させることができます。プログラムシフトのようなものですね。
たとえば、絞り値1.4でシャッター速度が1000分の1だった場合、音量ボタンを押すたびに「F1.4・SS1/1000→F2.8・SS1/500→F4・SS1/250」というように変化します。
で、設定値をカメラにセットすればOKです。

問題はこの測光の精度がどうか、というところだと思いますが、スマホのカメラ性能に左右されますので一概に良い、悪いと言えないですね。
まあ、ちょっとした参考値と考えたほうがいいかもしれません。

正確でないと、やだ!と言う方は単体露出計をどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。