RAWファイルの立ち位置がムズカシイ


これまで基本的にデジタル写真はRAWとjpegの両方で撮っていました。RAWで撮影しておけば露出不足やホワイトバランスを後から調整できるので、撮影する時はその部分はあまり考えなくてもいいことと、RAWファイルだけだとPC上でプレビューができないので、jpegファイルをサムネイル代わりに使うという目的のために両方のファイル形式で保存していました。

さてRAWファイルを現像するということは、自分の好みの画にしていくことでもあるのですが、そうなるとメーカーの色作りは全く関係がなくなるのでは、と今更ながらに気が付きました^^;
レンズによる描写の違いというものがあるとは思いますが、果たしてこれを細かく見分けることができるのかどうか。
しかも高機能なLightroomなどのRAW現像ソフトにかかればレンズの描写や特性も意味を持たなくなるのではないかと。
むしろjpegで撮影して、各メーカーの色作りを楽しんだほうがいのではないかとも思います。

結局、最終的にはjpeg形式で保存するのなら撮影の時に露出やホワイトバランスなどをしっかりと設定しておけば、わざわざファイル容量の大きくなるRAWで撮影することが無いのでは?と。
念のため、という理由でRAWファイルを保存していますが、後から取り出してきてRAW現像しなおすことがあるのかどうかも怪しいところです。

とにかく増え続けるファイル容量と、撮るだけ撮って現像をしないまま保存されていくRAW現像ファイルを見ながら、果たしてこのままのやり方でいいのかと思うようになってきました。
悩ましいですね。

何かうまく整理ができ、無駄にファイルが増えない方法はないものでしょうか?
皆さんはRAWファイル、どうしていますか?jpegオンリーでしょうか?

―――――――――――――――――――――――――
Panasonic GF2+LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.

こちらの記事もどうぞ