jpegはファイル容量も気分も軽い


RAWで撮るか、jpegで撮るかについては以前の記事でも書きました。GF2で気軽にjpeg撮影していて思ったのですが、ファイル容量が小さく軽いということは、気持ちも軽いなあと。
いろいろ考えましたが、基本的にはjpegでいくことにします。
ただ、どうしてもRAWファイルも残しておきたい、失敗したくない、後で編集したいと思う場面もあります。

必要時だけRAWファイルで撮れたらいいのにと思っていましたが、よく考えたらニコンのデジイチならファンクションボタンに割り当てれば、「次の一枚だけRAWファイルでも記録できる」機能があったことを思い出しました。
ああ、これこれ。これで必要時のみRAWファイルで残し、あとは基本的にはjpegで残すことでいけそうです。
パナソニックのマイクロフォーサーズ機にはそんな機能はなかったように思いますが、まあもともと撮像素子も小さいですし、パナソニックのjpegは結構好みなので気軽にパシャパシャ行こうかなと思います。
基本的にjpegで撮影するなら、例えば旅行に行っても16G程度のメモリーカードで十分ですね。普段使いなら8Gでも十分です。

―――――――――――――――――――――――――
Panasonic GF2+LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.

2 Comments

ゆたか

こんにちは。

 楽しい悩みですね(笑)。

 最近は、撮影数も少なくなったこともあって、RAWで撮っています。

 年と共に、撮影時の設定ミスが多くなってきたことが理由です。

 あまりカメラを使いこんでいないこともありますが。

 オートで良く撮れるカメラであれば、有難いです。ハイ。
 

返信する
raisuke@管理人

>ゆたかさん

こんにちは。

そうですね、楽しい悩みですねo(^▽^)o

撮影枚数が多くなると、RAW現像するのがおっくうになるんです。
億劫というより、たくさんの中から現像するものと
削除するものの仕分けが面倒なのかもしれせんが。
設定ミスをカバーする意味でも、基本はRAWかなあと思っていたんですが、
自分の場合、逆に安心からあれもこれもと撮りすぎてしまって、後が大変になるという。。。

フィルムメラの1~2枚でしっかり撮るということを再認識しているこの頃です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。